ブログ


中学生になった君へ贈る言葉

こんばんわ。

 

代表の八巻です。

 

本日は、一番下の長男がお陰様で中学生となりました。

 

もう中学生

 

 

これから部活動を始め、友達もたくさん増える事でしょう。

 

私の入り込む隙間も、また少しなくなりつつありますね。

 

少し大人ぶってくる年頃でもあるでしょう。

 

なので、心配な事も有りますが、遠くから様子をうかがう事が多くなるかと思いますね。

 

あれこれ口出ししたくなるのが親の心情でしょうが、大事な場面だけを私は重視しています。

 

 

困った時、失敗をしてしまった時、相談相手に選ばれる親になりたいものです。

 

 

私の中学生だった頃は、親は母一人だったため母は忙しく、無法状態でした。

 

外へ外へと何かを求めて。

 

遠回りの人生です(笑)

 

 

やっぱり、本当に失敗した時は、力ずくでも押さえつけ叱ってくれる「父親」のような存在が欲しかったように思います。

 

 

当時の私よりも賢いので、幸い息子には、そこまで必要はなさそうです( ´∀` )

 

 

小学生の低学年の時の出来事で

 

何かの記念日にサッカーボールをプレゼントしました。

 

手渡す際に

 

「駐車場では絶対に遊んではいけないよ」と

 

しかし、近隣の少年と遊んでしまい、車に当ててしまい持ち主にどやされて私のもとに。

 

「パパのいう事聞かなかったから・・・ごめんなさい」と泣きながら

 

今でも思い出すと、目が涙でぼやけます(笑)

 

 

怒られた内容を聞いた時、想いは逆切れでした。

 

 

「パパのいう事聞かなかったから・・・ごめんなさい」

 

 

もうその時、息子を叱る必要はありませんでした。

 

責任を取る覚悟のみ。

 

 

欲望と誘惑による失敗

 

若い時は、誰しも経験しますね。

 

 

 

好成績、高学歴など私は望みません。

 

 

ただ、生きて希望を持って進んでくれればと。

 

君の人生なんだから。

 

線路を引く事は出来ないけど、目的地が見つかり必要な事があれば

 

出来る限り君の力になりたい。

 

 

なるよ!

 

 

「君の幸せをいつも祈っています♡」🍺

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 便利屋ラビット札幌. All rights Reserved.